アルファード 中古 | 探し方と高額査定のコツ

MENU

アルファード 中古 | アルファードの歴史

アルファードの歴史をたどると、元はハイエースから生まれた車です。ハイエースから派生したグランビア、レジアスなどの車種がトヨタにはあるのですが、これらの車種で日産の似たタイプであるエルグランドに勝つことができなかったため、「エルグランドに対抗できるミニバンを」ということで、新たに開発されたのがアルファードでした。

 

つまり、ハイエースから直接アルファードが生まれたわけではないのですが、ハイエースの派生車種で埋められなかった穴を埋めたということで、元をたどるとハイエースに行き着くと言ってもいいでしょう。事実、ヨーロッパなどの外国で販売していた時期には、ハイエースのように商用車としての性格も強く持っていました。

 

エルグランドを意識した販売戦略

ライバルが日産のエルグランドということで、この車種を徹底的に意識した販売戦略が取られました。たとえば発表日をエルグランドの翌日とするなど、ユーザーに「エルグランドかアルファードか」という選択を迫るように、あえて両者の話題が接近するようにしました。

 

一方でインテリアなどはエルグランドとまったく異なったものにしました。エルグランドが近未来的なモダン路線を貫いていたのに対し、アルファードは広めの木目調のパネルをあしらうなど、日本人が昔から好んでいたタイプのインテリアを取り入れました。

 

こうした差別化が功を奏し、当初の目的だったエルグランドに対抗するという目標は見事に達成されました。今ではエルグランドの人気を上回るほどの勢いでユーザーも増えており、中古車市場での買取価格も高いものになっています。

 

アルファードの名前の由来

これは「アルファ」から来ています。
というと単純なネーミングに聞こえてしまいますが、もともとアルファというのは星座の中で最も明るい星を意味しています。言わば一等星のことですが、私たちが日常生活の中で「プラスアルファ」などとして使っているこの単語には、そういう意味があったんですね。

 

(つまり、アルファブロガーというのは「一等星のようなブロガー」という意味です)

 

この名前の由来通り、アルファードは大型ミニバンの中でも代表的な車種となっています。名は体を表すとはよく言われることですが、トヨタがアルファードに込めた期待も、見事に現実になったと言っていいでしょう。